北海道ニセコ スキー場特集

ニセコスキー場のバイトを検索する

どんな所?

ニセコの由来

「ニセコ(ニセコアン)」とは、アイヌ語からつけられたもので「切り立った崖(の下を流れる川)」という意味があります。
また「ヌプリ」はアイヌ語で「山」という意味があり、スキー場がある「ニセコアンヌプリ」という山は、アイヌ語で「切り立った崖(とその下に川)がある山」という意味になります。
ちなみに「ニセコアンヌプリ」は、一般的な表記にある「山」や「岳」は付きません。
北海道では、アイヌ語を語源とする地名が多く存在しますが、その多くは漢字で表記されています。
明治以降、ニセコ町においても倭人が入植しアイヌ語の地名を文字化しましたが、当時から「ニセコ」については漢字をあてても定着せず、カタカナが定着したといわれています。

冬のアクティビティ

多くのスノーフリーク達を魅了するウィンタースポーツのメッカ、ニセコ。訪れる観光客も年々増え続けています。
一年のうち約130日間が雪に覆われ、1シーズン10m以上の積雪量を誇るニセコは、北海道でも有数の豪雪地帯です。
その比類ないパウダースノーの質と量がスキーヤー、スノーボーダーを魅了するのはもちろん、スキーやボード以外にも様々な冬のアクティビティーが楽しめます。
冒険したい方にはキャットスキー(雪上車スキー)、スノーモービル、スノーラフティング、美しい冬の自然を体感できる雪上乗馬や屋内での文化体験など、遊んでも遊びきれない、ニセコはまさにウィンターワンダーランドです!

ゲレンデガイド

ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ

営業時間 8:30~20:30 (時期によって時間変動有)
ナイター ナイター営業有!! リフト5本運行!!
コース 30コース
リフト 16本
パーク パーク・ハーフパイプ有

パウダースノーの聖地として、世界中の人々から愛されているニセコ・ヒラフ!!
雪雲が発達しやすい北海道の日本海側に位置するために、パウダー道具う率は高い。
ヒラフ・花園の二つのエリアからなるグランヒラフは、ニセコアンヌプリ峰のスキー場で最も広大なスケールを誇る。1日では回りきれない程広い!!
街には日本人より外国人の方が多く、外国にいる感覚になります。
冬になるとスキー・ボーダー達がニセコのスキー場バイト(住み込みで)をやりに集まってきます。
周辺ホテルには露天温泉や食事施設も多く、正に日本一のスキー場です!!

ニセコビレッジスキーリゾート

営業時間 8:30~20:00
ナイター ナイター営業有!! 16:30~20:00
コース 27コース
リフト 8本
パーク パーク有

グランヒラフとアンヌプリの間に位置するニセコビレッジスキーリゾート。ベースにはヒルトンニセコビレッジを構え、スキーインスキーアウトでラグジュアリーなリゾートステイを楽しめる。
ベースエリアでは、様々なアクティビティも体験でき、ファミリーからパウダー好きのエキスパートまで幅広い層に支持されている。
コースとしては難しい斜面の多い縦長のレイアウトだが、字形に富み、ゴンドラ1本で遊びつくせる効率の良いゲレンデです。
毎年冬は多くのアルバイトを採用する施設で、昨年も多くの当社スタッフが活躍しました。
今年も人気が出るスキーリゾートバイトになる事間違いなし!!

ニセコスキー場バイトイメージ

ニセコアンヌプリ国際

営業時間 8:30~20:30
ナイター ナイター営業有!! 16:30~20:30
コース 13コース
リフト 5本
パーク なし

ニセコ連峰の最高峰のアンヌプリの南斜面の広がる、ワイドなスケールのゲレンデ。
隣接するニセコビレッジやグランヒラフに比べ、穏~中斜面が多いので、ゆったりと滑りたい人やファミリーに人気だ。上質な粉雪とシラカバ林の滑走、羊蹄山の眺めを存分に楽しめる。
また、宿泊施設の温泉が自慢で、毎年スキーヤー・ボーダーの疲れを癒している!

ニセコスキーイメージ
※ゲレンデの情報は変わる可能性があります。正確な情報は各スキー場の公式ホームページなどでご確認ください。

ニセコスキー場のバイトを検索する