長野県志賀高原リゾートバイト特集

志賀高原スキー場バイトを検索する

どんなところ?

本州でまれにみる雪質のよさで、人気のスキー場ランキング
の上位を争っているウィンターリゾート。長野県と群馬県境に
位置する志賀高原は、上信越高原国立公園内にある豊かな
自然と地形を21の個性豊かなスキー場からなり、全山共通
のICチケットでリフトも、巡回シャトルバスも自由に乗車できる。
約6000台収容可能な無料駐車場が完備されているので、
車でのアクセスも安心。
電車なら長野駅で新幹線の発着に合わせて急行バスが接続
している。
長野市街地から上がってくると、志賀高原の玄関口とも言われているサンバレー、丸池、蓮池のエリアが続く。さらに蓮池を起点に、エリア内でももっとも標高の高い横手山や渋峠、熊の湯などエリアと、スキーなら板を履いたまま 行き来ができるジャイアント、高天ヶ原、一の瀬、焼額山、そして奥志賀高原へとつながるエリアの二方面に分かれ ています。志賀高原はいくつもの山にまたがっている為、場所によって天候が違うこともあるが、クルマや各スキー 場を巡回するシャトルバスを利用して、効率よく遊ぶ場所を選べば、より深く志賀高原を楽しむことが出来ると思いま す。エリア内には深いコブ斜面で有名な「丸池Aコース」をはじめ、長野オリンピックやワールドカップで使用された 難斜面が点在。バリエーション豊かな全79コースは上級者をも飽きさせることはないです。ちびっこ広場も数か所 に設置されている為、ファミリーも楽しめちゃいます。
毎年、リゾートバイト求人もたくさんある、人気のエリアです。
ゲレンデの求人だけではなく、ホテルや民宿、ペンション、レンタルショップなどのアルバイト募集も多いです。

ゲレンデガイド

熊の湯

スキーヤーオンリーの為、静かで落ち着いた雰囲気。下部は緩やかだが、上部は、上級者も満足できる急斜面が多い。とくに降雪時は極上のパウダースノーが楽しめるとあって、自然派スキーヤーに人気が高い。山麓は硫化水素の硫黄の臭いが立ち込める温泉地。熊の湯温泉の人気宿「熊の湯ホテル」のほか、ほたる温泉の9つの温泉宿がある。

横手山

山頂の標高は2307m、スキー場として日本最高峰に位置する横手山。 積雪量が豊富で雪質もよく、5月まで営業している。全6コースからなるゲレンデは、美しい樹氷林をくぐり抜け、約4kmものロングダンヒルが魅力。比較的ゆるやかな斜面構成だが、上級者向けのコースもある。スノーボードは一部のコースのみ滑走可能。晴れた日の山頂からは、冨士山や佐渡島を望む事ができる。山頂からは渋峠へ、中間部から熊の湯へ、山麓で前山に連絡している。「横手山頂ヒュッテ」は宿泊、ランチともに人気スポット。
ジャンボコース
横手山山頂から落ちるように滑りだすモーグルバーン。全長1240m、最大28度、平均19度。

渋峠

長野県と群馬県の県境に位置する渋峠は、リフト2本と小規模だが、山頂だけに雪質と眺望は最高。
気持ちのいい滑走が楽しめる。「渋峠ホテル」は、建物の半分が長野県、半分が長野県、半分が群馬県に立つユニークな宿。創作料理と手作りパスタが自慢。

サンバレー

志賀高原の玄関口とも言えるエリアに位置するサンバレー。駐車場が広く、麓にはホテル街があるので、志賀高原を巡る起点としても最適。コンパクトながら初級~上級までバラエティに富んだゲレンデ構成で、青々とした水をたたえる琵琶湖を眼下に、気持ちのいいクルージングが楽しめる。法坂第1クワッド降り場から、隣りの丸池へとすべり込むことができる。

丸池

数々の歴史を刻んできた丸池は、スキーリフトの発祥地でもあるゲレンデ。山麓には、「丸池キッズパーク&キッズスクール」があり、回転遊具のボーラーカルーセルや動く歩道などを完備。
4歳から受け付けるキッズスクールや、キッズ英語スキーレッスン、親子雪上運動会の開催など、ファミリー向けプログラムが多数用意されている。

蓮池

白樺林の中に緩斜面が広がる蓮池は、初心者やファミリーに最適。寒い日には、身体を温められる無料キッズルームもある。

西館山

ワールドカップなどのメジャー大会の舞台になったことでも有名。FIS公認コースである大回転コースは、緩急のバランスがよく、きれいに整備されているので、スピードに乗って気持ちよく滑走できる。
中級コース、初級コースもあるのでレベルに合わせて楽しむことができる。
麓で発哺ブナ平とジャイアントに合流。上部は、ゲレンデトップから反対側の斜面を降りると高天ヶ原へアクセスできる。

東館山

標高2030mの東館山山頂からブナ平ゲレンデ上部までは、1998年の長野オリンピック開催時にスキー大回転競技に使用されたコース。現在はオリンピックコースとして人気がある。
山頂には、記念モニュメントも立っている。ベースからは山頂へは、東館山ゴンドラに乗って約6分でアクセス。オリンピックコースの難度はそれほど高くないので、中級者以上なら楽しめる。
林間コースは全長4km。最大12度の緩斜面なので、初心者も安心して滑走できる。
ゴンドラ山頂駅にある「天望台レストラン」からの眺望は一見の価値あり。

発哺ブナ平

メインゲレンデは、最大幅160m、全長1500mと開放感抜群。「乙女のゲレンデ」ともいわれ、初級者でも快適に滑るれる緩斜面です。東館山からすべり込む事ができ、下部で西館山とジャイアントに連絡可能。

ジャイアント

最大34度のワイドな一枚バーン。上部は中斜面で下部が急斜面。毎日圧雪しているが、後半の急斜面は午後にコブ斜面になることもある。

寺小屋

ゲレンデ山頂で標高2060mもあり志賀高原で二番目に標高が高い。軽い雪質が特徴で、降雪後が狙い目だ。初級者、中級者向けのコースが5本あり、立ち木が少なく開放的な空間が広がる。一の瀬ファミリー・高天ヶ原・東館山からアクセス可能。

高天ヶ原マンモス

最大34度のワイドな一枚バーン。上部は中斜面で下部が急斜面。毎日圧雪しているが、後半の急斜面は午後にコブ斜面になることもある。

タンネの森オコジョ

一の瀬ファミリーと高天ヶ原マンモスの間にある。木々の間を抜ってすべるロマンチックコース。 自然に囲まれのんびりすべろう。

一の瀬ファミリー

メインは、全長1000mの幅広の一枚バーン。上部は最大26度の急斜面で、コブ、緩斜面などコースバリエーションが豊富。レベル問わず楽しめます。
林間のロングコースもあり、初心者は安心。自然に囲まれのんびりすべろう。

一の瀬ダイヤモンド

緩急の変化に富んだ正面のワイドな一枚バーンは、初・中級者に最適。ゲレンデトップからは、一の瀬山の神、焼額山へと続く。一の瀬ファミリーは道路の向かい側ですが、歩道橋と動く歩道が設置されているので、スキーを履いたままでも移動可能です。

焼額山

奥志賀高原は、焼額山の北東斜面に広がり、志賀高原のもっとも奥に位置する。
雪は、質、量ともに志賀高原随一だが、これを味わえるのはスキーヤーのみの特権。
6人乗りゴンドラの山頂部から、すべり応え充分のダウンヒルコース、熊落としコース方面と、第3、
第2、第1ゲレンデへとつながる方面へと分かれている。林間コースや初級コースもあるので、技術に自信がなくても楽しめます。 豊かな自然の中のスキーヤー天国。静かに楽しみたい人はベストなスキー場です。

奥滋賀高原

奥志賀高原は、焼額山の北東斜面に広がり、志賀高原のもっとも奥に位置する。
雪は、質、量ともに志賀高原随一だが、これを味わえるのはスキーヤーのみの特権。
6人乗りゴンドラの山頂部から、すべり応え充分のダウンヒルコース、熊落としコース方面と、第3、
第2、第1ゲレンデへとつながる方面へと分かれている。林間コースや初級コースもあるので、技術に自信がなくても楽しめます。 豊かな自然の中のスキーヤー天国。静かに楽しみたい人はベストなスキー場です。
※ゲレンデの情報は変わる可能性があります。
正確な情報は各スキー場の公式ホームページなどでご確認ください。

志賀高原スキー場バイトを検索する