由布院特集

大分県の中央に位置している由布市湯布院町内の温泉地です。呼び方が2通りあり、由布院とも湯布院とも表記されます。以前は由布院町と表記されていました が、昭和30年に由布院町と湯平町が合併し、湯布院とも呼ばれるようになりました。

湯布院のリゾートバイトを検索
  1. 1.由布院ってどんな地域?
  2. 2.創作意欲を刺激される街!湯布院!
  3. 3.由布院のグルメ



由布院ってどんな地域?

217569131_624.v1447001068

湯布院は全国で三番目に温泉の湧出量があります。毎分38600リットルも温泉が湧き出ています。こんなに湧出しているのに泉質が悪いわけないですよね。そうです、とても泉質がよく、神経痛や筋肉痛、疲労回復に効くので疲れたらとりあえず由布院ですね!
大分空港から近いので由布院に行くなら飛行機がおススメです。車で40~50分の距離にあり、空港からバスも出ていますが、観光するならレンタカーでいくといいでしょう。由布岳や金鱗湖など由布院の観光名所を廻るのに歩きだと少し距離があるので億劫になります。
由布院の駅周辺に駐車場も沢山あるので安心です。駅に車を止めて周辺の絶品料理を料理を味わったり、駅周辺を湯巡りするのもいいですね。
リゾバスタッフには別府まで車で40~50分なので、お休みの日は別府に買い物をしにいく人も沢山います。バスも日に何本も出ているので車が無くても色々な所に遊びに行けます!20kmぐらいの距離ですので歩いても4時間でつきます。大分駅にも電車で40~50分です。長く滞在し、湯布院に飽きても他のリゾート地や街を観光できるのが由布院のいいところです。

創作意欲を刺激される街!湯布院!

montalcino-195003_640

湯布院の象徴といえば金鱗湖です。秋や冬の早朝、金鱗湖では朝霧が出て幻想的な雰囲気が醸し出されます。昔ながらの農村風景が残っており、日本の原風景に創作意欲が掻き立てられるのか芸術家が多く移り住んでいます。
個人ギャラリーも沢山あり、奇っ怪な作品や思わず笑ってしまうような作品に出合えるでしょう。また、そんな人たちが作った工芸品を売っていたりするので掘り出し物を見つけられるかも。

アートが好きな方は長期でリゾートバイトをしながら自分の作品を作り上げるのもいいかもしれません。 アートに明るくない方もアートを体験できる観光スポットが湯布院にはあります。ステンドグラスで有名なマルクシャガールの美術館もありますが、おススメはステンドグラス美術館です。ここではステンドグラスの制作を体験できます(要予約)。 これでアートに目覚める人もいるかもしれないしいないかもしれません。
作っている間、仕事を辞めてステンドグラス職人になろうか迷うくらい楽しかったです。
しかし、私は目覚めなかったようです。

個人的にオススメの美術館がありまして、紹介させて下さい。そこは「アルテジオ」という美術館です。
ここは主に音楽を取り扱っている美術館になります。マティスやジョン・ケージなど前衛的な作品が多く展示されており、脳みそをかき回されます。
ビールも提供してますので一日中だら~っと過ごせます。一日ここでだらけたら温泉に入ってゆっくり寝ましょう!おやすみなさい!!

湯布院のグルメ

73501585_624.v1446623072

由布院のもう一つの象徴といえば由布岳です。私は貧乏なため、自然の豊かな由布岳に自生している雑草でも十分飢えを凌ぐことができますが、美味しい食べ物も沢山あります。 由布院は飲食チェーンがほとんどありません。個人経営のお店だと味が2割増しに感じませんか?なので由布院で外食する際は2割増です。ただし少々値が張るので、お金のない私は由布岳の雑草で済ましてしまうわけですね。リゾートバイトをされている方々は基本的にはまかないで済まし、たまの贅沢で外食をすると幸せになれるでしょう。

ちなみに私のおススメは鶏肉に衣をつけてあげた「とり天」です。名物ということで湯布院のどこで食べてもおいしいです。あと豊後牛。 でも実は安い値段でお腹を満たすこともできます。外国人でにぎわう商店街ではB級グルメが充実しており、金賞コロッケ、椎茸や鶏の串揚げなど300円以下で食べられるものが沢山あります。
そして本を読んだり物を書いたりするのに最適なおしゃれなカフェも沢山あります。

ガッツリ長期で働ける現場も多いので湯布院でリゾバをしながら創作活動をするのもいいかもしれませんね。 温泉あるし、便利だし、創作意欲刺激されるし、湯布院最高じゃないですか!

由布院のリゾートバイトを検索