短期バイトで一番お得なものは何かグランプリ!

短期のアルバイトってどれくらいの期間を想像していますか?
普通であれば1日〜3日ですよね。長くても一週間くらいでしょうか。

弊社はリゾートバイトを紹介している会社なので最低でも2週間は働くことができないとお仕事の紹介は難しいのです。その分、寮費が無料であったり、食費やまかないが支給されたりと生活費がかからないので日数さえ合えば効率的に稼ぐことができます。がっつり稼ぐならリゾートバイト!

自社の紹介はこれくらいにしておいて、早速、私が経験したお得なバイトをランキング形式で紹介します。

■第3位 デパートの催事場の設営、運営の短期バイト

短期のバイトを思い浮かべる時はだいたいこういう仕事を思い浮かべるのではないでしょうか。

学生時代、私が最もお世話になったバイトです。

デパートの催事場で行われるイベントのお手伝いという感じの業務内容でした。

時給というよりも日給〇〇円という形で手渡しがほとんどでした。
一番割りがいいと感じたのは古本市の設営、解体の仕事でした。

友人ネットワークから連絡がきてバイトを指定日にバイトをするか聞かれ、参加するか決めます。


2~3時間で5000円〜7000円を手渡しでもらえるし、何より友人同士で気楽にできるのは大きなメリットでしたが、いつ仕事が来るか分からないので安定して稼ぐには不向きです。


どういう会社でどういうことをしているかよく分からないけれど、その業務を取りまとめているミヤギさんというまさにベストキッドの師匠”ミヤギ”のようなおじさんがとても良くしてくれて、仕事後には毎回ジュースを奢ってくれました。

■第2位 プロゴルフトーナメントのスタッフ

リゾートバイトに近いバイトです。週末の泊まり込みのバイトで、三日〜五日くらい拘束されますが日当は一万円前後もらえます。

就業先の会社によっては手渡しで即金でもらえることもある上、ご飯も出るし寮費も無料。交通費も支給されます。

ただし交通費は建て替えが必要なので、当時お金がなかった私は現場にたどり着くまでが大変でした…。

親にお金を借りたり、友人に借りたりと、バイトをするために金借りるなんて一体自分は何をやってるんだろうと惨めな気持ちになることがしばしばありました。

肝心の仕事ですが、現場にいくまで何をやるかわかりません。

体力的に一番辛かったのはスコアボードを持ってプロ選手とコースを回る仕事でした。

下手な組みのスコアボードを持つことになるとゲーム進行が遅く何時間も立ちっぱなしで選手の後ろをついていかなければなりません。舐めた靴で行ったら痛い目に会うので気を付けましょう。

一流選手の試合を間近で見れるのはゴルフに興味がない私でも興奮しました。

みんなめっちゃうまいです。

逆に一番楽だったのは会場への誘導係の仕事でした。

最寄り駅だったり、一番近くのコンビニだったりで看板を持って立ってるだけです。
2~3人一組で回すことが多かったので30分交代くらいで休み休み立っていました。

基本的に立っているだけでやることがないので、30分ってこんなに長かったっけ?って感じるくらい時間が遅くすぎるので人生が伸びた気がしました。

これも友人からの紹介でした。

■第1位 櫛方

ド短期のバイトといえば、私にとってが最も稼げる仕事でした。

これも友人から「ここに登録すると割りのいい短期のバイトができるよ」ということを聞き、謎の携帯サイトから登録しました。

ショッピングモールやデパートにマネキンの設置をする会社のようで、登録すると指定の場所に派遣され、設置する作業でした。

マネキンなので重いものを運ぶことはほとんどなく、デパートなので大規模な会場設営がないのでかなり楽な仕事でした。

肝心の時給は2時間で5000円や4時間で12000円など。時給換算で2000円越えがザラ。
しかも設営が終われば終わりなので30分で6000円をもらったこともあります。

大学生のバイトをガクトと呼称し、ガクトにはランクがありました。ランクの高いガクトから仕事が回ってきて、仕事を選ぶことができます。

上級ガクトが美味しい仕事を選んでしまうので、私のような下っ端ガクトは櫛方の中ではワリの悪いバイトばかり回ってきました。

普通のアルバイトを始めてすぐに見つけてしまったので、ランクを上げることなく私はやめてしまいましたが、櫛方上級者の友人は月に15万くらい荒稼ぎをしていました。

おいしい短期のバイトは総じて友人から回ってくることがほとんどでした。求人情報サイトなどにはこういったお得な短期バイトが募集をかけていることはほとんどないので、周りに短期の仕事をしたいということ言っていると、お得な短期バイトの話が回ってくるかもしれません。

おすすめリゾバ求人一覧