知らなかった沖縄と、知らなかった自分に出会えたリゾバ

僕の人生二回目となるリゾバ体験は、沖縄でした。ホテルでのマリンスタッフとして、美しい自然とかけがえのない仲間たちに囲まれながら勤務しましたが、そこで僕がしみじみと感じたリゾバの魅力を、勤務先での体験や感想を交えながらご紹介します。僕のお気に入りとなった観光地についても紹介したいと思います。

行き届いたサービスを学べるホテル勤務と、リラックスできる寮生活

勤務先のホテルはアクティビティプログラムが豊富で、大自然に囲まれながら愛らしいイルカと触れ合えるアクティビティまであります。ふとした時に見られる絶景は、かけがえのない景色として今でも心に残っています。

リゾバ中は寮生活でしたが生活環境はかなり良く、三食無料の賄いには非常に助けられました。また、談話室に行けば無料Wi-Fiも整備されていました。何よりWi-Fiがなくても、出会った仲間たちとわいわいしていたので、携帯やパソコンをあまり使う事がないほど楽しく生活できました。

透き通った海に癒された休日

休日は決まってバイトの皆と海に出掛けていました。皆で遊び疲れるくらい、毎回のように沖縄バイトならではのエメラルドグリーンの海を満喫して遊んでいました。

夜はよく居酒屋にも出歩いていましたが、沖縄チェーンの「杏屋」は安くてアジアンテイストでおしゃれなので、使い勝手も良くバイト仲間の女子たちも喜んでくれたスポットです。

おすすめは「ゴリラチョップ」

そこは本部(もとぶ)町にある有名なダイビングスポット。正にゴリラがチョップしたような岩があるのが特徴です。最初はそのネーミングにびっくりしましたが、いつしかそこが僕たちのおすすめスポットになっていました。ただ、トイレ設備や監視員の方などはいないので、安全や環境への配慮にだけは十分注意してもらいたいダイビングスポットです。

同年代のリゾバ仲間に囲まれつつ、仕事のやりがいを感じることができる

同年代ということはもちろんあるかもしれませんが、とにかく気の合うリゾバ仲間が多く、助け合いながら、そして楽しみながら仕事をすることができました。またマリンスタッフとしてお客様と接する機会が多く、責任感とホスピタリティの重要性を感じながら、やりがいを持って仕事に励む大切さを感じることができました。これが僕が伝えたい、リゾバで得られたかけがえのない経験です。

毎年出会う人が違う、だからこそ二度とない経験になる

ホテルの社員の方にも言われるくらい、出会った仲間たちと仲良くなれました。もし違うタイミングだったらこの仲間たちとは出会えていません。今だ!と思ったタイミングに飛び込んだからこそ、かけがえのない経験をすることができました。ここぞというタイミングで新しい場所に飛び込む、その大切さに気が付いたことが、僕がリゾートバイトで得た財産です。